奄美市が今までに取り組んできた
フリーランス支援のための活動内容のご紹介

2015年7月に打ち出された奄美市の「フリーランスが最も働きやすい島化計画」。
「島では、昔からどこかの織元に所属ではなく、独立して、しかも家庭のなかで子育てをしながら大島紬の機織りをするというフリーランスの文化が根付いていた。私の母もそうでした。」そう語るのは、朝山毅市長。 フリーランスが最も働きやすい島にするためには、どのような支援が必要なのかを島のフリーランスのみなさんと一緒になって考え、ひとつひとつ実行しています。

Lancersと奄美市が連携協定に調印

クラウドソーシングの大手Lancersと奄美市が連携協定を締結いたしました。1.提携の背景・・・[続きを読む]

奄美市が「フリーランスが最も働きやすい島化計画」を発表

奄美市は、離島の不利性を克服する産業として、情報通信産業の振興を重点分野に位置づけ、各種施策に取り組んでいます。本・・・[続きを読む]